ひだまりで。。。

カテゴリ:ひとりごと( 73 )

平和ということ・・・

f0161276_12522424.jpg


郵便屋さんがチリリンじゃなくピンポ~~ンとやってきまして♪

f0161276_1253883.jpg


白い箱を開けると、送り主のトレードマークのようなデカ鼻ワンコのポストカードがw
(思わず指先でツンツンとしてしまった。見たら誰でもそうするに違いないw)

バレンタインのお返しだそう♥
あれれ(● ̄エ ̄●)ゞもらっちゃっていいの~(ニンマリ)

「お元気ですか~」
はいは~いv元気ですよぉ♪

ありがとう
送り主とも、10年?早いなぁ。。。
数度お会いして話もした(東京で一度、宮崎で一度。ダタヨネ?w)

飾らず、気取らず。
子供のような面も持ち合わせ、それでいて思慮深い。



f0161276_1253197.jpg

本の筋を少しだけ・・・。

第二次世界大戦中のロンドン郊外。
左足と翼に障害をもった一羽の小スズメと、ピアニストの老婦人との実話記録です。

自然界では生きていけないとみなし、親鳥が巣からこの雛を落としたのか。
不幸にも落ちたことで障害を持ったのか。

孵化したばかりのこの雛は偶然にも(必然かもしれぬが)婦人に拾われます。
クラレンスと名づけられ、スズメは婦人の献身的な愛情に包まれて育ちます
室内だけが彼の全世界。
彼はヘアピンと、トランプの札、マッチ棒などで遊びをみつけます。

後に、この愛すべき小さな友の特技(コレだけではない)は、爆撃機におびえる子供たちや市民に、つかのまの安らぎを与えることになります。

そして、人と共に過ごし多くのものを小さな身体で与え続け、12年と7週と4日と言う寿命を全うします。

 著者は序文で「愛玩動物の物語ではなく、何年にもわたり、人間と鳥との間に培われた親密な友情の物語である」と記しています。

生きるうえで何が必要か。欲しているものの一番は何なのか。
考えることを与えてくれます
そして、生きている全てのモノの命の重さも大きさも、みな等しいということ。
改めて思います。

平和である
平穏である
それがいかに贅沢で、いかに難しいことかと。



ポチく~~んvありがっとねぇ♥
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-04-20 23:01 | ひとりごと

花曇り


f0161276_1625813.jpg


一飛びに初夏が来たのかと思うような気温が続いたかと思えば寒さが戻る

桜の季節。まさに花冷えとはよく言ったものだね


家の前にある幼稚園の園庭には、1本の桜の木があるのだけれど

いつもは、サッサと咲いて、サッサと散って、せっかくの入園式には用を成さない桜の木(とか言っちゃ桜の木に失礼だよね)

それが今年は、美しく咲き続けました

夜は、防犯用ライトに浮かび上がり夜空の月とナイスショット(だったのに撮影するには一人じゃ不気味w)

月曜日は入園式だったらしく(例年だと土日のいずれかだが)真新しい園服の胸にピンクの花飾りをつけた園児達と着飾った親がカメラ片手に動き回っていた

初めは園の終わりも早いのと、お迎えもありで可愛い声が飛び交い、賑やか♪
園の先生は優しいし、大勢の子供達と触れ合って目新しい物が一杯でそれは楽しい

まぁ、今週は(● ̄エ ̄●)ゞ

週が明けて数日すると騒がしい
毎朝(毎年)繰り広げられる光景

園庭へ入らない子

門扉にしがみついて泣く子

怒鳴りながら(半ば引っ張り)園へ連れてくる親

親の後ろから離れてトボトボ付いて来る子

親から引き離さないとならぬ子や馴染めない子がちらほら出てくる
先生達は、交代で子供達を抱っこしながら自分の受け持ちの子供達を迎える

優しかった先生も段々に声のトーンは変わってくるし@@;

今日は生暖かい日で風が強かった
桜の花弁が道路にも郵便受けにも落ちている
桜の木は葉桜手前

本当の出発はこれから
5月病発症まであと一歩(ぉぃ)

また季節が一回りして桜が咲く頃に、大人も子供も成長して会えるだろうか
体つきだけ成長しました・・・なんてことじゃ困るわけでw

見てるとね
「知ったこっちゃないさ」みたく、クルクル 風と戯れて枝を鳴らしてるようでもあるけどねw
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-04-13 16:24 | ひとりごと

負けるニャ

東京で洋菓子屋さんと言えば、わたしは「まりむぅる洋菓子店まんまにオジサンち」ココしか知りません^^♪

度々、ブログのネタを提供してくれるのでw何度も登場いただいてますから知る人ぞ知るパテシェさんですね~(笑)

今回の震災復興へ向けて何かを!と、発信させてくれています。
思わずニンマリとして心がホッコリなりましたv

さすが、まんまにオジサンだなぁ・・・って思いました。
以下、(事後承諾だけど@@;)まんまにさんちから画像と,文を一部抜粋して載せてますv

f0161276_14424936.jpg

マドレーヌ
f0161276_14425929.jpg

クッキー
「子供たちにほんの少しでも不安を拭い去り
笑顔を取り戻す事ができればと・・・

がんばっている人にがんばれとはいいません。
せめて気をつけて!」※一部抜粋

♪無事に子供達の手へ届いたと聞いて、とても嬉しかったです
どんなにか喜んで頬張ったことでしょうね
笑顔が目に浮かびました

f0161276_14455946.jpg

募金クッキー
「小さなお礼という事で・・・・・・・」※一部抜粋

♪こちらは、店先に設置した募金箱へ募金して頂いた方へのお礼だそう^^
心遣いが和むんですよねぇ♥

優しい手と手が繋がって、輪になって笑顔になるv


f0161276_1515530.jpg

「KIRIEの森」↑前ブログからどうぞ^^
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-04-09 14:34 | ひとりごと

VIVA!地球人

f0161276_18171639.jpg


力が湧いてきませんか・・・^^
KIRIEの森のキリエさんが、と~~っても力強くて、素敵な絵を描いてくださいました

もう、一瞬で・・・パワーUPしちゃう絵に、応援する側なのに応援されちゃいました^^v

こんな風に、世界中のみんなで手を繋いで、一つの大きな輪になればいいな♪

きっと、ダイジョブ

だって我等、地球人だもの・・・

一つの種


ちょっこしずつガムバの力を持ち寄れば大きな輪になるんだね

宮城県のお住まいからパワーを発信されてますv
KIRIEさんちは→右袖リンクから飛んでくださいねぇ~♪
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-04-03 18:18 | ひとりごと

心から心へ・・・


f0161276_0223024.jpg


「笑顔の連鎖プロジェクト参加中」です

飛んでください
飛んでください




笑顔って、一瞬で幸せを連れてくる魔法みたいだね

今、1番必要な必須アイテムな気がするの

「笑う」事は、なかなかに難しいことなんだよ

だけどね

ちょっとだけ唇の両端をあげて鏡を覗き込んでごらん

素敵な笑顔の貴方がそこにいるよ

そしてね

そんな貴方を見ている誰かがいるの
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-03-29 22:21 | ひとりごと

よいしょ

       
       よっこいしょ


       何をしょったの


      しょいたくないモノまで乗っかってるの


        そうだね


         今はね

 

       でも・・・・


         良い来い背負


       ・・・って、


      良いことだけ背負ちゃお♪
 

f0161276_11245458.jpg

        ムスカリが咲いた
       荒れ放題でも咲いてくれるんだねゞ


f0161276_11251070.jpg


       色がつくと,あったかいね


f0161276_1125268.jpg

         え?
       また今年も挑戦?
       アボカドにも蕾
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-03-25 09:13 | ひとりごと

一日と・・・


突然の(ではないのかもだが)地震から1週間
亀の歩みか・・・いやデンデン虫の歩みほどかもしれないが時間とともに進んでいる

それぞれが、それぞれの歩みで。。。

f0161276_15515861.jpg

我が家の玄関先も新芽が伸びてました
毎日、横を通り過ぎて・・・過ぎてただけ、だったのね@@;ゴメンチャイ

f0161276_15524364.jpg

えっと。。。これまた度忘れした
確か、ブログ友の庭で見かけた花と同じで、名前もそこで知ったんだっけなぁ~
で・・・また忘れたv(◎ー◎)vアチャ~

f0161276_1553439.jpg

ジュレには欠かせないレモンバームも綺麗な緑色
グラスにギュギュと入れたらリキュールと炭酸を注いで♪くぅーたまりませんねぇ

f0161276_15541186.jpg

ストロベリーキャンドルも蕾がついてました
庭も毎日ウロウロしてんのに・・・・・・してただけ、だったのね@@;ゴメンチャイ

f0161276_1556976.jpg

日の光をいっぱーーーーい浴びて笑ってるよ

つい最近までの我が家周りは、ちょっと薄灰色っぽくて・・・
いつになったら春が来るんだろ。もしかまた、季節ふっ飛ばし?!とか考えた時間もあったのよね
でもね・・・確実に時は進むし、それぞれが「むん!」と元気をだしてるんだね

疲れた時こそ目を閉じて

辛い時こそ声を出し

泣きたい時は泣いてみる

そしたら腹がグゥーとなるわけ
生きてるって事はそういうこと


世界第4位って順位つけられても嬉しくない順位をもらった大災害
必至で考え、必至で声かけ、必至で手を伸ばそうと、色んな人が色んな場所で色んな事を思ってる

徐々に雪解けして春へ向かう冬みたいに進んでいると思う

願わくば・・・
奮起して、握り締めたコブシを緩める時、次に開いた掌が、何かを始めていてくれるといい

湧き上がった渦の中に居ると、それだけですでに何かを終えた錯覚に陥ることのないように
ちょと立ち止まり足元を見回し、ちょとだけ目線を変えて眺めてみる

人は大きな波が動くのを見ると、自分もその波について行かねばと動いてしまうものらしい
だから、その波は確かな波なのか知るためにも立ち止まり見渡してみる

自分が手にした中の、物、言葉、諸々の記憶の中をちょっと振り返り考えてみる

自分にとってそれは、必要だったか、嬉しかったか、辛かったか、悲しかったか、有難かったか
置き換えてみれば何が必要なのか分かるよ

自分の出番はきっとある
逸することなく常軌していこう
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-03-18 15:02 | ひとりごと

Mārsの月

Mārs=ヨーロッパ諸言語による呼び名
農耕と戦の神
勇敢な戦士、青年の理想像として慕われ、主神なみに篤く崇拝された重要な神。
聖獣は狼、聖鳥はキツツキを従える。

とまぁ、↑コレはローマ神話によるもの
天体の火星=Mārsとも同一視されている

3月=草木が芽吹き水温む季節
命が芽生え大気の香りも萌える季節

天体の赤い星(Mārs)は戦いの星とも言われる
命を生むものと奪うものを併せ持つのか

守るために立ち向うのか

日本では旧暦3月を「弥生月」と呼び今もそう言いますよね
草木芽吹き萌えたつところから・・・
木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)→弥生月になったとか・・・なるほど。

花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)他諸々
季語も植物が多く情景は、やっぱり・・・ひねもすのたりのたり♪

わたしには、こっちが合ってそうだな(苦笑しつつもホッ)

出会いと別れ
決別することで新たな決意を胸に前へ進む季節ですね

ふむふむ。。。

ある意味、戦いでもあるなぁ

とすれば、この月は答えを出すにはパワーが強い月なのかもしれないな

の前に。。。

f0161276_8445370.jpg


わたしの為の紅茶ですって(笑)
だって、魚座の紅茶って書いてあるし☆

今朝、もう1度あったか~~いメッセージに目を通しつつ頂きました
いつもは、暫く仕舞っておくのですが(勿体無いのでw)今回は、せっかくの誕生日。

しかも初体験だし♪

茶葉は細かいタイプ。
ほどよいジャンピングで、優しい香り。少し短めの蒸らしでOK
ほのかな甘みがあり癒される味でしたv
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-03-02 07:50 | ひとりごと

生きること

連日の噴火で、人間の小ささを思い知らされている日々が続いています

前回、「啓示」と題して書きましたが、それって天の、神の御業かと・・・責任転換(ダヨネェ

人は前へ進むために、生きる
生きるために悩み、嘆き、苦しむ

心豊かに生きるためには必要不可欠な負の部分
(歴史の中では、残してはならなかっただろう、起こしてはいけなかっただろう負の遺産というものもあるけれど)コレが無くては人は人の痛みも分からず、人は人に優しくできない

なんてね
人は※四苦八苦しつつ生きていかなければならないわけで・・・
そして毎日、※十界の中の※六道に迷っている凡人なんですよね
(※について興味のある方は健康コミュ食するということ2008、10月の講演会①、②、③へ)

篩いにかけられているのは間違いなさそうだわ

自分の寿命が後どれほどあるのか分かりはしないが、果たしてこれまで何をしたのかしらと
何か得ることを残してきたのかしらと最後の最後に悔いが残るのは嫌だなと

これまた自分本意な・・・と傾げることばかり

先のことを見据えて考えているつもりと・・・つもりばかりで

と、たまに魂が浮遊する

今回、久々に浮遊(プチ浮遊中~だったかな)

伯母の(29日)通夜、(30日)本葬に参列してきました

電話が鳴ったのが27日午後
23日から出かけたまま行方不明だ。との知らせ
捜索願いを出した所だと言う。

はぃ?23日からって・・・・頭の中で「何で?」こればかりが浮かんでは消える
最近では、お年寄りが行方不明なんてチラシもよく目に付く時代で・・・
3ヶ月振りに隣の市で発見なんて事も耳に新しいしと、浮かんでくる別の言葉を打ち消した

28日夕、従兄弟から電話
いきなり通夜の連絡に戸惑った

赤い愛用の自転車で出かける姿を、ご近所で見かけたのが最後だということで
一体、何処へ出かけたのだろう
買い物だったのか、伯父に会いに墓参り(6年前に他界)にでも行ったのか
詳細は分からず仕舞いのまま、半年ぶりに物言わぬ伯母と再会した

85歳にしては黒かった頭髪が真っ白で驚いた
ここのところ冷え込んだ日が続いたよね
火山噴火で降灰もあったよね

「おばちゃん、おばちゃん」

冷たい頬を撫でながら、泣けて泣けて仕方なかった

今は多くを語るまい

わたしは精一杯生きなきゃね

なので浮遊お終いv
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-02-03 08:21 | ひとりごと

啓示


突然の噴火から3日め
いよいよココへも降灰が観測されました
と言っても積もっているのを見て「あぁ、やっぱり降ってる」と言う感じ

でもね、外へ出たら一発で分かりました
と言うのも今回初体験した空気中に漂う臭い
かすかに硫黄臭がするんです

地球規模で、あちこち異変

鶏のインフル騒動も牛の口蹄疫騒動も、みなみな意味があるようで仕方ないです

f0161276_12294679.jpg

画像は昨日メールで届いたものです

送り主は姫が小3の時担任だった先生(この時は臨時講師でした)
未だに姫との繋がりは切れていません(メール、時節のお便りのやり取りだけですが)

知り合った頃は本物の先生になるべく猛勉強中でした(笑)
もちろん希望は小学校か中学校の教師(だったんですけどね)
途中から教育をしっかり考えるようになった先生が選んだ先は養護学校の教師

そりゃ~もう猛勉強をしまして合格
わたしも涙が出るほど嬉しかった(祝い酒も美味しかったなぁ~)

今、お世話になっている学校が今回降灰で真っ白に(真っ黒?)なっている市にあるのです
住まいは、わたしの家から近い場所に引越しされたばっかりですので無事でしたが
心配なのは学校(と、子供達)

途中、林道のような県道を走りぬけて行くのですが場所によってはガードレールも怪しい箇所に幅の狭い道路ありという通勤路でして( ̄Д ̄;;
今回、ニュースでご覧になられた方は分かるとおりセンターラインもすれ違う車も認識するのも難しい視界

ダイジョブのはずはなかろうけれど「ダイジョブですか~」とメール
これしか出来ないなんて。。。。

参ってますぅ~行き帰りは恐怖です@@;との返信と共に来たのが↑コレ

でも^^
ご無沙汰で懐かしいやらで、またドンチャン騒ぎしましょうね~
なぁんて暢気な計画も約束したりして(● ̄エ ̄●)ゞ

まぁねぇ・・・
このくらい楽天的にいかなくちゃねv

負けてらんない!

人間が試されている時だと思ったら尚更!
[PR]
by hidamarinotamihid | 2011-01-28 12:29 | ひとりごと



   まったり、ほっこり、してたいだけの、お気楽者です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
2年目の夏
at 2014-07-17 23:12
牛のことあれこれ・・・・回想
at 2012-08-04 15:08
一週間過ぎて
at 2012-07-25 16:15
嬉しいな・・・の事
at 2012-07-07 00:16
これもリフォーム?
at 2012-06-14 14:12
以前の記事
リンク
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧